タイムトラベラー

沖縄、壺屋という土地柄、様々な国の人々がふらりふらりと行き交う様も愉快だが、

珈琲店の扉は時折、タイムトラベラーを引き寄せる。

日々の常連のお客様に紛れて、すいっと遠くから古い友人や親戚が扉を開けると、

何故こんなところに?と驚いてしまう。

中には25年ぶりに顔を見せてくれた人もいる。

もちろん、僕の珈琲を楽しみに立ち寄ってくれている訳だけど、

珈琲を点てているときは、電車や飛行機など移動のツールや距離や時間の概念すら消えてしまうし、

ましてお店に足を運んでくれる方の日々の暮らしや想いや一歩を知る術もないのです。

心から驚き、嬉しい。沖縄という島で珈琲の仕事をする醍醐味のひとつです。

時空を超えて、会いたい人に会いにゆく。多くの人の顔が浮かぶ。